専門の教育課程がある

鍼灸師

鍼灸師になりたいのなら、専門の教育課程が用意されている専門学校か大学を選んで、卒業しなければいけません。しかも、卒業しただけで自動的に資格を得られるわけではなく、その後に控えている国家試験を受けて合格する必要があります。これらの流れをすべて終わらせるには、3年から4年はかかるので、専門学校と大学選びは後悔のないようにしましょう。なお、鍼灸師の資格が欲しいのなら、あん摩マッサージ指圧師の資格も一緒にゲットすることも考えたほうがよいです。二つの資格のカリキュラムを同時に行える学校があるので、一気に鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師になることが可能となります。二つの資格をバラバラに取得することもできますが、その場合は学校に通いなおさなければいけないため、興味があるのなら両方に対応するところに入学したほうがよいです。ただし、どちらとも習える学校は、競争率が高く入試の難易度が高ので、受験勉強はきちんと行わなければいけません。

理想の将来にするためには

鍼と本

人の痛みや疲れを少しでも軽減させてあげたくて、鍼灸師を目指している方がほとんどのはずです。そうはいっても、理想だけでは生きていけないので、卒業してからの就職のことはきちんと考えなければいけません。もしも、医療施設への就職ができなければ、痛みや疲れで困っている人に施術する機会もないでしょう。したがって、理想を叶えて食べていくためにも、就職サポートが豊富な学校への入学を考えたほうがよいです。サポートが完璧な学校なら、自身が望む医療施設への就職をサポートしてくれるので、満足できる環境で働ける可能性が高くなります。そして、勉強が苦手ならば、国家試験へのサポートが充実しているところを選んだほうがよいでしょう。鍼と灸を扱う技術力が完璧で、就職先の医療施設が決まったとしても、国家試験に通らなければ意味がありません。鍼灸師の国家試験はそれほど難しくないといわれていますが、合格率は100%にはほど遠いので、勉強をしなければ簡単に落ちてしまいます。勉強が苦手な人は、何をどうやれば合格できる分からないでしょうから、国家試験のサポートがあったほうが安心でしょう。鍼灸師になるための国家試験は一年に一度しかないため、落ちてしまったときの損失はとても大きいです。鍼灸師になるための学校は、カリキュラムを学ぶだけではなく、なりたい自分になるために存在するところなので、じっくりと考えた上で入学しましょう。