HOME>記事一覧>国家資格を取る必要がある職業で誰もがなれる訳ではありません

目次

専門的な知識を活かすことが大切な役割

男女

社会環境が難しくなったり高齢者社会が進んだりしたことで、多くの人材が望まれる職業が出て来ています。それが社会福祉士と呼ばれる人で、新潟市内で福祉や医療の現場などで相談を受けたり、専門的知識を活かし的確であり必要なアドバイスを送ることが仕事です。

精神的苦痛から逃れる対策を練る時もある

女性

この新潟における社会福祉士は誰もがなれるものではなく、国家資格が必要なこともあり、将来と共に注目される職業となっています。社会福祉士が相談や援助を行うことになる対象者には、視覚障害とか聴覚障害などの障害をもった人や生活困窮者など、心身的な問題だけでなく社会環境問題にも取り組む仕事になります。

複雑になる人間関係への助言も

近年新潟市内でも老人への虐待問題増加がみられるようになったなどの影響もあり、ますます社会福祉士への期待は高まっていくと予想されています。人間関係が複雑になったり、周囲への配慮なども以前と比べるとかなり慎重になることが多くなっています。そんな社会環境の中では、社会福祉への期待も多くなってゆくことになるのでしょう。

介護士との違いを知る

新潟で働く社会福祉士と介護士の違いをキチンと知っておきましょう。社会福祉士の仕事は、福祉の現場で支援を受ける人の相談を受け、アドバイスなどを与えることがメインとなります。ですが介護士は、介護施設や訪問介護といった施設で介護を必要とする人に直接的なサービスを提供する人になります。社会福祉士は助言などが役立つことが必要な職業で、介護士は肉体的な奉仕が多い職業と言えるのでしょう。